RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
ニュー・シロカワ宣言【78】品川 隆幸
 JUGEMテーマ:ビジネス

 今年から、いつもお世話になっている方々の紹介をしようと思う。

普通に紹介しても、自分が面白くないので、

「そんなこと言ってないで〜」

 やら

「そんなことしてないで〜」

と本人もタジタジのエピソードを交えながら。


 株式会社ロダン21 の代表取締役。

本業は、株式会社シナガワ の代表取締役。

 「しんどかったら、辞めなはれ!」

 「売れるもんを作りなはれ!」

 「世の中にないもんは、売れまへん!

 売れないから、世の中にありませんねん!」

 等々、聞く人が聞けば、

 「なんやこのおっさん。言いたいことばっかいいやがって!」

と青筋立ててもおかしくないが、自分のところの社長を良いように言うのは

気が引けるが、実は大きな大きな「親切心」から言わせているセリフで奥が深い。

 いちいち説明するのは野暮なんで控えるが、

とにかく「親分肌」で、お付き合いしているまわりの方々が口をそろえて、

 「品川はんが言うのやったら、その通りにしましょ」

と何遍聞いてきたことか。。。

続きを読む >>
author:ロダン事務局「女将」, category:ニュー・シロカワ宣言, 16:58
comments(0), -, - -
ニュー・シロカワ宣言【77】急がばまわれ
 とうとう12月も半分が過ぎ、

商品の到着や、加工品の依頼などが

「年内にお願いします」

という声が、多くなっています。

 
 しかしながら、こんな声もよく聞きます。

「急いでやったから、失敗したんや」

 所詮、人間のやること。

 もちろん、失敗しようと思ったり、納期を守んないでいいわ

なんて心がけで仕事をしている人なんていないと思うが、

 結局、余裕なく仕事するとミスは多くなるもの。
続きを読む >>
author:ロダン事務局「女将」, category:ニュー・シロカワ宣言, 11:06
comments(0), -, - -
ニュー・シロカワ宣言【76】ありがとう
 JUGEMテーマ:ビジネス


 久々に
朝早くに

 AM放送「ありがとう 浜村淳です」

を聞いた。

 通勤途中の3〜40分ぐらいだったが

なんせ、浜村淳様、いや淳殿の

トークが

「情景が浮かび、まさに今そこに自分がいるかのような
錯覚をおこす」

 ぐらいに面白すごかった。


「今朝の新聞からのコーナー」だけだったが、

 ・70代のおばあちゃんが、リフォーム詐欺にあった
 ・民主党の中井前国家公安委員長が秋篠宮ご夫妻に「早く座れよ」と言った
 ・海老蔵のその後の真相

言葉で書くと、「そんなことか。。。」レベルだけど

 ホント
「話だけでこれだけ伝わるのか?」

 と感心してしまった。

 おそらく、尾ひれがついているんだとは思うけど。


 一方、自分の場合、

 岡山に旅行に行って楽しかった話を人に伝えようとしても

 「岡山城に行きました」

 「桃太郎温泉ってあんねん」

 「倉敷の美観地区って和むよね〜」

 。。。

 「旅行つまらんかったのか?」

 と言われる始末。

  

 中小企業の技術を伝える

 商品の特長・性能を伝える

 紹介する社長の情報を伝える

  等々、仕事において

 「伝える」ことが、いかに大事なことか。。。


 「伝える」技術を磨かなければ!

  
  淳殿に弟子入りしよ。

 毎朝ラジオ聞くことから始めます(>_<)
 
記:シロちゃん


author:ロダン事務局「女将」, category:ニュー・シロカワ宣言, 14:27
comments(0), -, - -
ニュー・シロカワ宣言【75】自分を大切にすること
JUGEMテーマ:ビジネス

 「自分を大切にすること」


  先日、「ワタミ会長が語る坂本龍馬」という

NHKの番組を見た。

 高知の中学生たちが

龍馬の生き方から、「生きるヒント」を学ぼうという

企画の番組だった。

 内容的にどうこうでなく、ある女子中学生がしっかりした

「自分の意見」を持っていることに感動した。

 ワタミ会長が

 「自分の好きを貫き通し、大事に育てていくことで

夢をつかみ、幸せに暮らそう!」

 的な講義に、その女子中学生がひとこと。

 
 「他人を大事にしなければ、自分の幸せにならないと思います。

周りが幸せになってこその、自分。まず人を大事にすることが先決だと思います。」


 と言ったのだ。

 
 よく耳にするフレーズだけど、聞くときにはどこか

誰かに教えられ、「言わされた」感があるものだけれど、

この女の子は、しっかり自分の言葉で話していたので、

ホントにそう思っているのだろう。

 
 「ほ〜。私が中学生のときには

 これっぽっちも思わなかった意見だな」

 との前置きをしたワタミ会長は、

 ごり押しするかのごとく、

 コップを用意し、

 
 「このコップは自分の大きさ、

 このペットボトルに入っている水は、お金や権利などの

 幸せをつかむためのモノだとしよう。」

 
 「自分の容量が少なければ、コップから水がすぐ溢れ出てしまう。

 大きければ、どんどん水を貯めることができる。」

 

 「でも、私が一億円稼いだとしよう。そのお金を独り占めしたら、

 従業員は離れて行ってしまうでしょう。そう、このコップの水から

 溢れ出たものが、人に渡っていけばいいのです。」


 人の考えは、さまざま。


 会長は

 「自分が」

 女子中学生は

 「自分も」

 大事だと主張していたが、どちらも正しいと思う。


 例えば、

 「自分を幸せにできないやつが、他人を幸せにできるか!」

 とか

 「自分さえ良ければいいなんて考えがはびこるから、社会がよくならない!」
 
 と言葉にすると、どちらが優先なんてことになってしまうが、

 どちらの主張も認め合うべき。


  ワタミ会長が

 「そうだな。私はこういう考えで成功したけど、

 「自分も大事」だという考え方もあるんだな。

 あなたは、その考えを大事にして生きていってください。」

  と言ってくれたら、良かったのに。


  ちなみに私は?

 「自分が大事」です。(>_<)

記:シロちゃん
   
author:ロダン事務局「女将」, category:ニュー・シロカワ宣言, 10:38
comments(0), -, - -
ニュー・シロカワ宣言【74】展示会
JUGEMテーマ:ビジネス

 11月10 、11日と2日間

マイドームおおさかにて

「テクノメッセ東大阪」の展示会に参加した。

 例年、展示会に来る人は多いが

 ある知り合いの社長がボソッと

「お付き合いで出展しているから。。。」

  
 なにを隠そう、ロダンもその一面がないとも言えない。

時間を使い

人にも協力をあおぎ

しんどい思いもし。

 
 去年も同じような意識だったので

今年こそは!と奮起して色々試行錯誤してみた結果。


 実りのありそうな案件が2件。


う〜ん。


 まったくないよりいいが、異業種のメンバー様には

 ほんとに申し訳ない結果に。。。


 いっそのこと、「お祭り」だと覚悟して

 在庫品・売れ残り商品なんかを即売して

 お客に喜んでもらったほうがいいかもしれない。


 (商工会議所さんに売ったらアカンって言われてたな〜汗)


 せめて、出展していただいた企業さんの紹介をこの場でするので、

ご興味がある方は

ご連絡ください〜(>_<)

記:シロちゃん
author:ロダン事務局「女将」, category:ニュー・シロカワ宣言, 16:16
comments(0), -, - -
ニュー・シロカワ宣言【73】休憩
JUGEMテーマ:ビジネス

 ここ最近、仕事に追われ

ふっと一息つける時間がなかった。

 「宿題」をもらい、

 「宿題」をして

 次の「宿題」をもらい、

 また、「宿題」をかたづけて。

次々いただける「宿題」に感謝しつつも、

 いままでのやり方でいいのかという自問をしていたり。


 そうなってくると、「宿題」のペースが落ち着いてきた。


 その時間を有意義に使うべく、

 図面を書くことができるように

 いろいろ試行錯誤している。


 2DのCADを教えてもらったり

 3DのCADの研修にいったり。


 自分の中では

 「休憩」

 している気分。


 「休憩」がてらにスキルUPしているなんて

 怒られるかもしれないが。


 やっぱり、「お金」を生まないことは

 仕事じゃない。

 
 ホントだったら、仕事の時間外でしなければならないこと。


。。。


 最近、はやっている「ニーチェの言葉」で締めよう。


「死ぬのは決まっているのだから、ほがらかにやっていこう。

いつかは終わるのだから、全力で向かっていこう」


 休憩して、一息ついたら

 全力で前を向いて生きていこう。

記:シロちゃん

author:ロダン事務局「女将」, category:ニュー・シロカワ宣言, 17:27
comments(0), -, - -
ニュー・シロカワ宣言【72】Meguru
JUGEMテーマ:ビジネス

 大阪の守口市にある淀川製作所さんたちが

つくった小型の電気自動車「Meguru」。


 実際にお話しを伺ったことはないけれど、

地場産業の活性化になればとの思いから、

たった、100万円の助成金で「カタチ」にされた

意気込みには、「あっぱれEVプロジェクト」の名前さながらに

お見事!の一言。(実際には230万以上の投資されたみたいですが)


 幣グループでも、デザインと伝統産業とものづくり

のコラボだ〜!っといって、

「茶室」をこしらえたが、これから「売る」ことをしないと

いくら声を大にして「活性化だ!」といっても

息切れしてしまう。



 理想をいえば、「売るしかけ」を段取りし、

 「買っていただける」ところと調整してから

 「ものづくり」したいところ。


とはいっても、「カタチ」がないとアピール不足。


 ある製造業の社長が、

 「作るのも大変だけど、売ることがその10倍大変」

 とおっしゃっていたが、

 ホント身にしみる。


 金ない。

 人ない。

 時間がない。


 なんて、言い訳しててもはじまらない。

 無いものは、生み出すか借りるかしないと

 はじまらない。


 「新しい価値」を生み出し、理解いただくまで

 金も人も物も

 「Meguru」まで

 根気よく、できることをやっていきましょう!

 
  てなことで、まずはアピール。

 
 「誰か〜買ってください〜。」

 
 値段も言ってないのに売れんわな(>_<)


 (ちなみに「茶室」は300万〜

 オーダーメイドで作りますよ〜) 

記:シロちゃん

author:ロダン事務局「女将」, category:ニュー・シロカワ宣言, 15:18
comments(0), -, - -
ニュー・シロカワ宣言【71】川の流れと人のふり
 JUGEMテーマ:ビジネス

 夜、阪神高速守口線の下を流れる

川辺を歩いていて、(あとで城北川とわかるのですが)

ボーっと川を眺めていた。

 
 「あの白い物体はなんだ?」

とよく見たら、なんと!

 スーパーの買い物袋に入ったゴミではないか!

 よくみると、あちらこちらに

ゴミが散らばっている。


 「よくまあ、こんなところにゴミを捨てるな〜」

と憤慨していた。


 ところが翌朝、仕事場に行くと、自分の机の上の散らかりように愕然。

しかも、共有のゴミ捨て場に捨ててはいけないゴミを置きっぱなし。


 「あ〜。やってること同じやな〜」


 人のふり見て我がふり直せ

 
とは、よく言ったものだ。

 
 すぐ片付けよう!

 片付けたあとは、みなさん。


 このことは、「水に流して〜。」


 ちなみに、第二寝屋川では

 どなたか知りませんが、ポンポン船で

 ゴミを拾っていただいてるそうな。

 
 ありがとうございます。


 道端に吸殻をポイしているアナタ。

 ガムを噛んで、そのままポイしているアナタ。

 人を駒使いし、要らなくなったらポイしているアナタ。


 私も気をつけますので、

 片付ける人の気持ちになって、

 行動してみましょ。

記:シロちゃん

author:ロダン事務局「女将」, category:ニュー・シロカワ宣言, 16:05
comments(5), -, - -
ニュー・シロカワ宣言【70】人として必要とされること
  ロダンに入社して、はや6年。

長かったような、短かったような。

 自慢するようなことは、

ひとつもないが、

自分は

 この会社で「成長させてもらったな〜。」って感じる。

 会社もそうだが、周りの人間に恵まれている。

 お客さんにも、仕入れ先さんにも。

 もちろん、全てが全て順調にいってるわけではないけど。


 なにが、どう成長したかって?

 
 ん〜。言葉にすると恥ずかしいが

 何かひとつと言われると、

 「人として必要とされて喜びを感じられること」

 が一番じゃないだろうか。


 以前だったら、

 「シロちゃん、助かったよ」

 「城川くん、いい仕事するね〜」

 「城川! ようやった!」

 なんて言われても、心の中で

  「。。。大したこともしてないのに、よく言うよ。

  お世辞も大概にせーよ。。。」

 なんて、本気で思ってた。


  しかし、しかし。

 良く言ってくれた人に対しても失礼だし、

 第一、自分自身に対しても褒められたことを喜んだほうが
 (たとえお世辞だとしても)

 体にいい。


  「次も、いい仕事しまっせ!」

 なんて言った方が、自分にも相手に対しても気分がいい。

 (レベルの低い話ですんません。)

 
  最近、織田裕二さんが結婚したが

 ちょっと前の会見で

  「仕事、恋愛、趣味が充実してますか?」

 の質問に、

  「充実してないと、ヤバいっしょ」

 なんて、言ってたが


  ほんと、

  「充実してると思えないとヤバい」と思う。

 
  どんな状況であれ、

  他人と比較しなければ
  
  充実している!と思っちゃえば

  勝手に充実してくる。


  ってこんなこと言うと、

  どっかの宗教まがいの

  「充実してる」と思いなさい!

  なんてのと勘違いされるかもしれないが。。。


  要は

  自分の幸せは他人と比べず

   「人として必要とされること」は
  
   自分で決めつけないで、他人が決めること。

  だと、思えば

  結構、どんな場面でも

  イライラせずに事が運べるんじゃないだろうかと思うわけで。


   例えば

  お客さんに

  「おまえんところは、コストが高いんじゃ〜!

   もっと安せんかい!」(いまどき、こんな言い方する人いませんが)

  と言われた場合、

   「。。。お客様は、高いと感じられていることを素直に私に言ってくれた。。。」 

  と思って、

  安くできる範囲があれば、してあげればいいし。


   無理な時は、こういう「お客さん」とは縁がなかったんだと思い、

  「。。。ずっと、お付き合いしていると、私の会社の行く末が危なかったかもしれない

   お付き合いしないで、良かった。。。」

   と思えば、心安らかになり、次の受注に目がいくと思う。


  。。。


  まあでも、こんな文章を堂々と

  世の中の人にみせて、

  喜んでいることが一番の「成長」だったりして(^−^)

記:シロちゃん
author:ロダン事務局「女将」, category:ニュー・シロカワ宣言, 14:53
comments(0), -, - -
ニュー・シロカワ宣言【69】核兵器廃絶
JUGEMテーマ:ビジネス

 
「核兵器廃絶」


 「世界平和」

誰でも願うことが、
なぜ叶わないのだろう。


 それは、おそらく

 貧乏人が「お金が欲しい」と願って
 働かない。


ことと、等しいのだろう。


 しかしながら、

 働けない状態でも「お金が欲しい!」と叫び続けることは

 無駄ではないと思うので、


 今の「核兵器廃絶」世界潮流に思うことを書きたい。

 
 唯一の被爆国「日本」に住んでいて、

 
 「命を失うことの悲しさ」

 「戦うことの虚しさ」

 「平和へのありがたさ」

 
 を勉強できる環境にまず感謝したい。

  
  しかし、65年前の惨劇を目の当たりにされた方々が

 今なお、「核の脅威」から逃れられていない状況に

 深い悲しみと憤りさえおぼえる。

  
  2010年8月6日広島市平和式典

 参列者の挨拶で、皆が口々にいう言葉

 「核兵器のない世界へ」。


  核兵器を

 持たず、作らず、持ち込ませず

  核兵器の惨禍を二度と繰り返さないために

 先頭を切って行動するという国の意気込みなら、

 最低でもこの

 「非核三原則」を堅持すべきだろう。

  
 密約なんて言ってるようでは

 ちゃんちゃらおかしい。

  建前とか本音とか、そんなレベルでなく

 アメリカにも

 「言うべきことは、しっかり言う」

 態度でのぞまないと、いつまで経っても

 「世界平和」に、ほど遠い。

  
  しかし、プラハ宣言から一歩ずつ

 歩みをはじめた。

  オバマ大統領の演説にこんな一節がある。

 「平和を追求しなければ、私たちの手には永遠に届かないことになります。

 希望よりも恐怖を選んだときの道を私たちは知っています。
 
 協力の呼びかけを非難したり一笑に付したりすることは簡単ですが、臆病なことでもあります。

 戦争とはそのように始まるものです。人間の進歩はその時点で終わります。

 〜〜
  
 「武器を取れ」という呼びかけが「武器を置け」という呼びかけよりも人々の魂を揺さぶることを知っています。

 しかしだからこそ、平和と進歩の声は一緒に上げなければいけないのです。」

  
  。。。

  理想や夢は信じないと叶わない。

 「そんなの無理」と言ってしまった時点で無理になる。

  信じて「絶対叶う」と思って行動すれば、どんどん近づける。


 

 「2020年までに核廃絶を実現しよう」
 
 Yes We Can ! !
 

記:シロちゃん

author:ロダン事務局「女将」, category:ニュー・シロカワ宣言, 15:00
comments(0), -, - -