RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
mono-LOHAS CLUBレポート☆大人のサーフショップ「ミミスケ」
 JUGEMテーマ:ビジネス

以前ロダン21の企画、「(株)シナガワ廃材見学会」でご紹介しましたゴムパッキンの廃材が、
おしゃれなサーフボードショップのディスプレイで利用されました。

こちらのお店は、神戸元町の海岸通にあるサーフショップ「ミミスケ」さんです。
オーナー夫妻のセンスでセレクトしたサーフボードや、60年代〜70年代の
懐かしのレコード等を販売しています。

こちらの店舗設計&デザインを担当したのは、廃材見学会にも参加された「YURI DESIGN」
の建築家前田由利さんです。


サーフボードのディスプレイ用にパッキン廃材が利用されています。
実はコレ、ディスプレイだけでなくサーフボードの滑り止めとしても利用されています。


店内は大人のセンスあふれる、落ち着いた雰囲気です。
捨てられるはずだった廃材が、こんなにお洒落な空間で役立っているのは、とても
嬉しい限りです。



レンガ作りのクラシックな建物「海岸ビルディング」の2階にある
大人のサーフショップ「ミミスケ」さん。
神戸に遊びにいくついでのときには、是非一度行ってみて下さい。

●サーフショップ ミミスケ
神戸市中央区海岸通 3-1-5 海岸ビルデング 205
TEL/FAX 078-333-3325
営業時間 12:30〜19:30
定休日 火・水



他にも、様々な場面で有効利用された事例を都度ご紹介していきたいと思います。
ゴム製品の廃材にご興味のある方は、ロダン21までお問い合せ下さい。

モノ作り総合プロデュース、(株)ロダン21

author:ロダン事務局「女将」, category:mono LOHAS club, 16:44
comments(0), -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:44
-, -, - -
Comment