RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
山陰経済ウィークリー掲載記事〜品川講演@島根県斐川町〜
JUGEMテーマ:ビジネス
 山陰経済

2010.5.10に行われました、島根県斐川町での品川社長の講演内容が、「山陰経済ウィークリー」に掲載されました。

-----------------------以下本文より抜粋-------------------------

中小企業の生き残り策
異業種連携の実践例紹介
〜ロダン21の品川隆幸が講演〜

東大阪市でモノ作り総合プロデュースを手がける(株)ロダン21の品川隆幸代表取締役(大田市出身)が島根県斐川町内で講演、「異業種連携にこそ中小企業の生き残りの道がある」と説いた。

同社は1999年に異業種交流グループとして設立。
品川氏は、従業員10名未満の中小企業が集積する東大阪市を「モノ作りの街」として全国に売り込もうと、企業の技術、製品を一堂に集めた常設展示施設の整備等に奔走した。

品川氏は自社について「中国等新興国の低価格競争と一線を画した、『メイド・イン・ジャパン』を復活させたいとの思いがあった」と設立の趣旨を説明。
多種多様なモノ作り企業が集まる地域の特性を活かした異業種連携の実践例を紹介した。

同社は製造依頼に対し、幅広いネットワークから得意分野の企業を配分する「横請け」「仲間請け」の態勢を構築し、一般工具では取り外しのできない盗難防止用ボルトキャップなどを開発。品川氏は「『なんでも引き受けまっせ』がモットー」と、連携による強みを主張した。

講演会はNPO法人・ビジネスサポートひかわが開催した。

------------------------------

品川講演では、下記のようなテーマでお話させて頂いています。
その他内容等、なんでもお気軽にご相談下さい。

▼品川講演情報&ご依頼窓口
http://www.rodan21.com/lecture/lecture.html

●品川講演テーマ●
「モノづくりなんでも引き受けまっせ」
「東大阪元気工場〜ロダン21の挑戦〜」
「21世紀おけるものづくりへの新たな挑戦」
「売れるもん作らんかい!」
「異業種交流グループを成功させるには」
「社会に貢献するビジネスとは」
「今必要とされるリーダーとは」
「地域の特性を活かせ!」
「創業の心構えが企業の器を決める」
「産官学連携を成功させるには」
「経営戦略の立て方」
「地域資源の活用〜農商工連携〜」
「企業のあり方が環境を守る」
「新しい人材の宝庫〜高齢者雇用〜」
「環境、リサイクル商品を作るには」
「モノ作りの失敗事例、成功事例」




author:ロダン事務局「女将」, category:掲載記事, 10:54
comments(0), -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:54
-, -, - -
Comment